【薬用育毛剤】プランテル(Plantel)を完全ガイド|成分・効果・使い方まとめ - 育毛剤おすすめランキング

【薬用育毛剤】プランテル(Plantel)を完全ガイド|成分・効果・使い方まとめ

 育毛剤おすすめランキング > 人気育毛剤特集

育毛剤の中でもプランテルは、厚生労働省が認めた有効成分が配合されている医薬部外品として人気を集めています。

ここでは、プランテルの特徴や期待できる効果、正しい使い方などについて紹介していきます。

 

プランテルの薬用有効成分3種の特徴      

有効成分が「3」種あることを強調したイメージ

 

プランテルは医薬部外品として、厚生労働省が認めた有効成分が配合されています。

育毛を導くためには、「発毛促進」「毛生促進」「フケ・かゆみ抑制」の3つの成分が複合していることが重要です。

薬用有効成分3種について、それぞれどんな効果が期待できるのか、特徴を見ていきましょう。

 

センブリエキス配合の目的

センブリエキスは昔から胃腸を治したり、血行を良くしたりする漢方として親しまれてきました。

センブリエキスは、頭皮に塗ることで発毛促進が期待できると言われています。

 

頭皮に塗ることで血行が促進される、血管が強くなる、細胞分裂が促進されるといった効果が見られるため、発毛を促すのではないかと考えられているのです。

薄毛の原因の1つに血行が悪くなって栄養分が送られなくなることが挙げられますから、血行を促進して栄養を行き渡らせるセンブリエキスは、発毛促進効果が期待できるといえるでしょう。

 

セファランチン配合の目的

セファランチンは皮膚科で円形脱毛症の治療薬として処方されることもある、天然由来の成分です。

セファランチンは血行を促進するほか、血を作る働きをする細胞を増やす作用があるため、毛生を促す効果が期待されています。

細くて栄養が行き渡りづらい末梢の血管を拡張することで血液循環が良くなり、血行が促進されて髪に栄養が与えられるのです。

また、血を作る細胞自体を増やすことで、より栄養のある血液を頭皮に送りやすくなります。

 

グリチルリチン酸2K配合の目的

グリチルリチン酸2Kは天草から抽出された成分で、ニキビケア用の化粧品に使われるなど抗炎症作用があります。

この抗炎症作用が、フケやかゆみを抑制できると言われています。

 

薄毛の原因として、フケやかゆみなどがあり頭皮環境が悪化していることが挙げられます。

頭皮環境が悪化していると髪の毛が成長するのを妨げてしまい、薄毛になってしまうのです。

抗炎症作用を持つグリチルリチン酸2Kを使用することで、頭皮の炎症を抑えて環境を整え、フケやかゆみを予防し髪の毛が成長しやすくしてくれます。

グリチルリチン酸2Kは直接的に育毛作用があるというわけではなく、あくまで頭皮の環境を整えるという守りのケアに徹するものです。

 

プランテルでフケ・かゆみの改善は期待できる?   

 

フケやかゆみがあるのは頭皮の環境が悪化している証拠ですので、フケやかゆみを改善しなければ薄毛の進行は止まりません。

プランテルには先ほど紹介したグリチルリチン酸2Kが配合されているため、頭皮の炎症を抑えて髪の成長を促す環境作りが期待できます。

 

さらに、シナノキエキスとヒキオコシエキスという2つの自然由来成分が配合されています。

これらは頭皮の乾燥を防いで柔らかく保ち、フケやかゆみを起こしづらい頭皮環境作りをサポートします。

 

もちろん、プランテルに配合されている成分に期待するだけではなく、毎日の習慣を改善することも必要です。

爪を立てずに優しくシャンプーをする、シャンプーはしっかりと洗い流す、髪をドライヤーで根元から完全に乾かすといった工夫で、プランテルが頭皮環境を整えてくれるのを手伝いましょう。

 

プランテルは脱毛予防にも効果的 

脱毛に悩む様子

 

薄毛に悩んでいる方の多くは、ジヒドロテストステロンの働きが強い傾向にあります。

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5aリダクターゼという酵素と結びつくことにより生成されるホルモンで、毛髪の元となる毛母細胞の働きを抑制してしまう効果があるとわかっています。

このジヒドロテストステロンは前頭部に密集するため、M字型薄毛に悩む男性の大敵です。

 

プランテルはM字型薄毛に悩む男性のために開発されていて、このジヒドロテストステロンを抑制する成分が豊富に含まれています。

代表的なのは、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、牡丹エキスです。ヒオウギエキスは女性ホルモンに似た働きをして、5aリダクターゼの生成を抑える効果が期待できます。

ビワ葉エキスはジヒドロテストステロンの働きを抑え、牡丹エキスは弱ってしまった毛根に働きかけて強い毛根に育ててくれます。

いずれもM字薄毛の進行抑制のための成分ですので、使い続けることで変化が期待できます。

 

プランテルで期待できる育毛促進効果      

 

プランテルには血行を促進する成分が含まれているため、育毛促進効果が期待できます。

有効成分であるセンブリエキスとセファランチンは、血管を拡張して血液を末端まで送るようにサポートする働きをします。

さらに血液が作られる細胞自体を増やして血液量を増やすため、頭皮に栄養豊富な血液が行き渡りやすくなるのです。

血液が送られるようになると、髪の毛の元となる毛母細胞の分裂が促進され、健康な髪が成長するようになります。

 

プランテルに副作用はあるの?肌への刺激は大丈夫?         

 

プランテルに配合されている成分は自然由来のものがメインのため、副作用が起きる可能性はかなり低いでしょう。

肌に無暗に刺激を与えないよう、無駄な添加物が含まれていないのが嬉しいところです。

抗菌作用があるため防腐剤として使われるパラベンや、鉱物油・合成着色料などは一切使われておらず、肌がかぶれる心配もありません。

 

プランテルの正しい使い方          

 

プランテルにはM字型薄毛の進行抑制に効果が期待できる成分が含まれていますが、正しく使わなければ効果が発揮されません。

必ず正しい使い方をマスターしましょう。

 

①プランテルを使うのは1日2回、朝と夜です。

特に夜シャンプーした後は睡眠時に成分が浸透しやすくなるため、忘れずに使いましょう。

②シャンプーの後は髪をよく乾かし、M字が気になる部分に2プッシュずつ吹きかけます。

特に薄毛が進行していると気になる箇所には、倍の4プッシュ使うのがおすすめです。

③吹きかけた後は指の腹でマッサージをしながら、成分をよくもみ込みます。

このとき爪を立てると頭皮に傷がついてしまい、フケやかゆみの原因になってしまいますので、絶対に爪は立てないようにしましょう。

その後は自然乾燥を待つか、ドライヤーで乾かします。

 

プランテルの匂いは周囲にばれない?      

 

育毛剤の多くは独特の匂いがあり、つけていると自分の頭皮の匂いと混ざって不快に感じることがあります。

自分の頭から嫌な匂いがすると、自分自身も不快になりますし、周りの人に迷惑がかかっているのではないかと不安になりますよね。

しかし、プランテルは育毛剤の中でもかなり匂いが抑えられている方です。

若干化粧水のような匂いはありますが、気になるほどではありません。

周囲にばれるような強い匂いはないため、朝の出勤前にも抵抗なく使うことができます。

 

プランテルを最安値で続ける方法

公式サイトで購入するイメージ

 

プランテルは通販でしか取扱いがないため、スーパーやドラッグストアで買うことはできません。

買う場合にはプランテル公式通販サイト、楽天市場、Amazonのいずれかで購入することになります。

それぞれの価格を見てみましょう。(2017年8月18日現在)

通販サイト 価格
プランテル公式通販サイト 6,980円
楽天市場 6,980円
Amazon 7,480円

一方、Amazonでも取り扱いはしていますが、公式サイトからの発送ではないため、価格が高くなっています。

プランテルは楽天市場店として店舗を出していますので、楽天市場でも公式サイトと同じ値段で購入することができます。

 

また、公式サイトでは毎月プランテルが届く定期お届けコースをおすすめしています。

定期お届けコースを申し込むと、毎回2,820円オフの6,980円で購入できますし、送料と手数料は無料です。

肌に合わないと感じた場合の中止や休止はいつでもできるため、契約期間の縛りなどがなく、定期コースで損をすることがありません。

育毛剤は1カ月程度ですぐ効果が実感できるものではないため、定期コースに申し込んで長期的に使用を続けることをお勧めします。

 

まとめ

 

プランテルは主にM字型薄毛に悩む男性を救うために開発された薬用育毛剤です。

有効成分がしっかり配合されていて、使用を続けることで育毛効果が期待できます。

今まさにM字型薄毛に悩んでいるという方や、今後薄毛に悩まないよう今のうちに対策をしておきたいという方にお勧めですので、これを機に検討してみてはいかがでしょうか?






同じカテゴリーの最新の記事